>

衣類だけではない、便利な「かける収納」

かけて保管した方が良いものって?

家の中を見渡せば、どんなに持ち物が少ない方でも生活必需品などはあるはずです。
それらを「かける収納」にしてみることについて考えたことはおありですか。
物によってはその方がすっきりと収納できることもありますし、製品の性質上好ましい場合もあります。
たとえば水回りなどはどうでしょうか。
キッチンであればスポンジなどの水に触れるものは、衛生上つるして保管すると風通しが良くなり雑菌が繁殖しにくくなります。
またお風呂場でも、床に直置きの場合はぬめりなどが生じて定期的に清掃が必要ですが、この場合も「かける収納」に切り替えることで問題を解決することができます。
どちらの場合も吸着式のフックと洗濯ばさみ、もしくは壁かけラックを応用して、清潔な状態を保ったまま保管することができます。

すべてがかけれるわけではないけれど

たとえばバックなど、かける収納をすることにより型崩れを起こしてしまったり、壊れやすくなってしまうものも中にはあります。
ですので、なにがかける収納に適しているかを見極めて取り入れる必要があります。
こまごまとしたものは小物入れ等に収納した方がすっきりとするでしょうし、かけるための収納スペースを十分に確保できない場合もあります。
ご自身がお持ちのアイテムと、部屋の状況を把握した上でどちらが適切かを考えてください。
かける収納には多くの利点がありますが、生活を一新するのはなかなか骨が折れると感じる方もいらっしゃることでしょう。
現状特に困ることがないなら無理してかける収納を導入する必要もありませんし、従来の方が馴染みがあって生活しやすいのであればそれも素敵な暮らしの形です。
この記事が皆さんの生活スタイルを見直す一助になればと願っています。


この記事をシェアする