かける収納で、効率の良い生活を!

>

「かける収納」に必要なアイテムとは

かける収納に移行する前に

たたむ収納にはたんすなどの収納アイテムが必要なのと同じく、かける収納にも必要なアイテムがあります。
収納場所を確保しなければならないのはどちらも同じですが、かける収納にはもちろん衣類をかけられる仕組みが必要です。
かけるためのラックや突っ張り棒です。
また、洗濯の際のハンガーも、そのまま保管に用いますので余分に必要です。
初期投資はいくらかかりますが、それまでかかっていた時間や手間を考えれば少ないと考えられるかもしれません。
衣類を保管する部屋の造りや大きさにもよりますが、たんすを購入して置くよりも、ラックや突っ張り棒であればその場所に合わせたカスタマイズが容易です。
また丈の長いものと短いものに分類して収納することを考えてセッティングすれば、それだけでかなりの収納上手になれます。

それまで使っていたたんすの利用方法

それまで使っていたたんすを有効利用できないか、と考える方に朗報です。
もちろん使えます。
たんすの箱本体は、手前の桟や仕切りを取り外してしまえば、あとはかけるための強度の高い突っ張り棒を仕込むだけでロング丈の衣類の収納ボックスに早変わりです。
普段使いではないコートやスーツなどの保管に一役買ってくれます。
たんすの引き出しは小物を整理するためにうってつけです。
ラックの下段に置けば普段使いのサニタリー品を目隠ししつつ収納できますし、上段に置けば季節使いのものを保管しておけます。
引き出しの形状によっては適宜下に上げ底などの工夫は必要かもしれません。
その場合箱本体から取り外した桟などを使うことができるので、無駄になるものが全くありません。


この記事をシェアする