>

洗濯した後、どうする?

洗濯して「かける」、そのまま「収納」

毎日着る服を清潔に保つために洗濯をするのは当然のこととして、それを保管する際の手間が毎回生じることに嫌気がさしたことはありませんか。
だからといって干したものをそのまま放置しておくことはできませんし、結局毎回管理のための同じ作業で時間がとられるのです。
効率の良い生活時間の使い方を考えたら、少しでもそうした作業にかかる時間を短縮できれば言うことなしですよね。
そこで、従来の「たたんで保管」する衣類の扱い方を変えて、洗濯して干したそのままの状態、ハンガーで「かけたまま保管」することを提案します。
そもそも「たたむ」というひと手間をなくすこの保管方法、時間短縮にもってこいなのは言うまでもありませんが、利点はそれだけではありません。

かけたままの収納だからこそ

かけたまま収納することによって衣類をたたむ手間がなくなるのは嬉しいことですが、それによってなにか不利益が生じるかといえば、そうでもありません。
たたまないことでまず、保管して時間が経った衣類のたたみ皺がつかなくなります。
そして、奥の方に保管してしまった衣類がずっとそのままの状態で日の目を見ない、ということも激減します。
クローゼット内や衣類の保管場所を、かける収納のために整える必要はありますが、最初のその仕事さえ済めば、あとは洗濯後にそこに干したり、干したものをそのままそこに移動させるだけです。
あとは着るときにそこから取り出して着用し、洗濯後はまたそこにかけて保管するだけです。
とても単純明快で、効率の良い収納だと思われませんか?


この記事をシェアする