洗濯した後、どうする?

毎日着る服の管理は、時としてとても面倒に思えることがありますよね。 洗濯してたたんで片付けて、を繰り返すのをやめてみることで、実はとても効率の良い生活ができるんです。 「かける収納」を生活に取り入れるだけでどれだけ手間が減るかを、この記事でお知らせします。

「かける収納」に必要なアイテムとは

かける収納の実践に移る前に、やはり下準備が必要です。 また、それまでたんすに収納されていた方にも朗報があります。 かける収納を生活に取り入れるにはどんな道具が必要か、またそれまで使っていたたんすをどのように活用するか、についてこの記事で考えます。

衣類だけではない、便利な「かける収納」

家の中にあるもので、収納しなければならないものは衣類に限りません。 他に家の中のどんなものをかけて収納できるでしょうか。 工夫次第ではいろんなものがかけて収納できます。 また、かけて保管するのが相応しくないのはどんな場合かをこの記事でお知らせします。

衣類をかけるだけの収納とは

毎日起きて、着替えて顔を洗って、という日常で、衣服の管理はとても重要なことです。
少ない数のワードローブを賢く着こなす方もいらっしゃれば、たくさんの衣裳を楽しみとされている方もいらっしゃることでしょう。
服は使い捨てではないので、着用後は必ず洗濯をするものですが、皆さんその後はどうされていますか。
たたんでたんすやクローゼットにしまうのが多くの場合従来の衣料品の保管方法ですよね。
けれどそのたたむ作業に、「億劫だ」と感じることはありませんか。
また出していつかは着るのだから、そのままにしておければいいのに、と考えたことのある方もきっといらっしゃるはず。
その考えを現実に適用したらどうなるでしょう。
家の中が大混乱になってしまう!と思われるかもしれませんが、実はとても効率的なアイディアなんです。
洗ってハンガーにかけて干した衣類。
それを保管用の場所に移動してそのまま収納、保管するというやり方です。
それによってたたむ手間が省ける上に、奥にしまいすぎてどんな服があるか自分で把握できない、ということも防止できます。
また順番にかけて行ったり、色や素材、丈などで分類して収納すると、あまり着ていない服も一目瞭然になり、整理や断捨離のきっかけにもなります。
洗濯した後のたたむ手間をなくして、時間の余裕を作れる「かける収納」、ご自身の生活に取り入れられるか考えてみませんか。
このサイトでは、日常の時間と心の余裕を作るひとつの手段として、「かける収納」がどのように役立つかを皆さんと一緒に考えていきます。
ぜひ、「自分にもできるだろうか」と考えながら読んでいただければと思います。